6.割礼(かつれい)とは何ですか

 
割礼はユダヤ人の象徴
旧約聖書、新約聖書をとおして割礼(かつれい)という言葉がでてきます。割礼はユダヤ人男性に対して行う宗教的儀式で、男性器の先端にある余分な皮を切ってしるしを付けることです。割礼は、神の民の目印であり、ユダヤ人が誇りとしていたものです。

しかし、栄光のイエスに出合ってイエス・キリストの奥義を悟ったパウロは、それが肉の規定(旧約聖書の律法)の象徴と見えたのです。そこで彼は、新しく神と契約したキリスト教徒には、割礼は無用と主張しました。割礼を重視するパリサイ派が牛耳るエルサレム教会は、カイザリヤの獄にとらわれの身となっている、彼を見放しました。

パウロは、カイザリヤの獄から、ガラテヤ地方の教会に対して、自筆の手紙を書きました。この頃には、パウロの周りに代筆してくれる者がいなかったと考えられます。その中で、パウロはペテロを非難したことを書いています。ペテロを非難したことを書くなんて、パウロがエルサレム教会から見放されていた証拠のようなものです。ユダヤ人にとってパウロは危ない人物ですが、キリスト教徒にとっては神学の父です。

(ガラテヤ人への手紙) 5-2見よ、このパウロがあなたがたに言う。もし割礼を受けるなら、キリストはあなたがたに用のないものになろう。5-3割礼を受けようとするすべての人たちに、もう一度言っておく。そういう人たちは、律法の全部を行う義務がある。

新約聖書の割礼

パウロ神学「12.割礼」

割礼参考図

改訂2013/1/1 OCC 
 
 
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに制作してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
略称:オリジナル教会
 
2013/5/15、2016/1/1
2019/10/31(最終確認)
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書または文語体聖書に限られる。例外として、バルバロ聖書差分を、正式文書に加える。これ以外の、聖書の引用は厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)
 
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書