イエス・キリスト

女が裸で十字架に架けられることはない。また男が自分の成したことを人に話すことはない。はじめに女がなければ男はなかった。個々人の狂気をあがなう手段の樹立は、女と男の共同参画の賜物なのである。ここでは男が担った役割に焦点をあてる。
 
イエスの仕事
 
イエスの言葉
 
イエスは誰の子
なぜこの問いの答えが求められるのかというと、それはイエスが果たされたこと、「罪のゆるし」、この取説では「狂気からの開放」、に関係するからである。パウロが言うように、イエスが律法のもとに女から生まれたとあるからには、イエスの行為は律法に係わるのである。イエスが誰の子かは、イエスに罪をゆるす権威があるかどうかが問われていることに他ならない。(2020/12/28)
 
「読んだことがないのか」
 
 
 
 
戻る
「トップページ」
 
 
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに作成してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2020/11/22、20/30、2021/1/22、2/13、3/28
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書または文語体聖書に限られる。例外として、バルバロ聖書差分を、正式文書に加える。これ以外の、聖書の引用は厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)世事に迎合した改編文章など異端以外の何ものでもない。(異端:=故意に対立すること)
 
ささくら修道会の指定聖書:「日本聖書協会 口語訳聖書」に準拠
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書 
 
 
 
 
 
(作成履歴)