異邦人による聖書の物語(U)

それから12年が経(た)った。「ルカによる福音書」がテオピロとルカとによる即時報道であることの根拠は、テオピロがカペナウムの百卒長であるとわかったことによる。それが発端となり、見えざる扉が開かれ、わたしはその中に招じ入れられたのだった。そして今(その2)を書こうとする。それこそは、「なぜ処女受胎なのか」という疑問への「明確」な答でなければならない。
 
「苦杯と十字架」による「狂気」の解消
イエス・キリストによる「罪のあがない」のとりなし
「罪」に関わる大祭司はアロン家の者でなくてはならない
 
(旧稿)異邦人による聖書の物語(U)
分割しないオリジナルの旧稿(本文は全面書き換え)
 
目次
 
(0)「異邦人2」の目的は「処女受胎」の真実
「処女受胎」、カトリック教会さえも忘れようとしている時代に、あえて「聖母子」の真実を求めようとする。すなわち、前作から12年の歩みの中で、ルカの「顔認証」に気づき、「聖母子の一体性」に迫ろうとする。
(1)律法のアロン家の命運
(2)律法の定めた大祭司はアロン家
(3)自ら名のった大祭司はハスモン家
(4)二組の大祭司とヘロデ王とマリヤさま
(5)「挫折の十字架」が「成就」への情景
(6)ローマ軍の駐屯地「カペナウム」の栄光
 
異邦人による聖書の物語(U)
(7)あああ
(8)あああ
(9)あああ
(10)あああ
(11)あああ
 
 
聖母マリヤ被昇天のこと 
 
 
 
戻る
「トップページ」
 
 
 
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに作成してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2021/11/8-
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書または文語体聖書に限られる。例外として、バルバロ聖書差分を、正式文書に加える。これ以外の、聖書の引用は厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)世事に迎合した改編文章など異端以外の何ものでもない。(異端:=故意に対立すること)
 
ささくら修道会の指定聖書:「日本聖書協会 口語訳聖書」に準拠
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書 
 
 
 
 
 
(作成履歴)