キリスト教圏の学術

およそ「知識」は、さまざまな形で継承されて、時代や地域、民族の文化と融合するが、おおむね二つの流れがある。ひとつはギリシャ神話を源とするものである。ギリシャ哲学とても、ギリシャ神話がその基である。これは、科学技術の知識へと進展した。もうひとつは、ユダヤ人の文書「旧約聖書」がその源である。こちらは民族の統合を目的とした律法の知識でありながら、キリスト教的「信仰」と「神学」へと進展させた。
 
教皇とイタリヤの歴史年表
ギリシャの神々と英雄たちの名前(比較表)
 
歴史物語  ミチオ書(第一部) 
「ローマ帝国の分裂からイタリヤ再統合まで、カトリック教会の歴史が垣間見える人物列伝
文学一覧 
(全作品)
イリアス オデュッセイア(psw) ギリシャ神話 アエネイス(psw) 神曲
マノン・レスコー(psw) モンテクリスト伯
朗読の時間
(NHK2)
「紀ノ川」有吉佐和子 「半七捕物帳」岡本綺堂 「寝ぼけ署長」山本周五郎
哲学  アテネの哲学者とパウロ   プラトン「ソクラテスの弁明」(psw)
映画一覧 
(全作品)
天地創造 アルゴ探検隊 タイタンの戦い 十戒 トロイ ヘレン・オブ・トロイ
スパルタ総攻撃 アレキサンダー クレオパトラ 聖処女
 そのほかは「映画一覧」で
絵画  キリスト教関係の絵画 
彫刻  ミケランジェロ 
建築   
音楽  映画「アマデウス(狂人が回想するモーツアルト)」
コンサート  西本智美 
歌劇 OSK
図書館 アレキサンドリヤ(エジプト) (ポルトガル)
その他 資料室 音声(mp3)一覧 ビデオ(mp4)一覧 変換ソフトVideoProc 拡張子の表示(Win10)
ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ  外国名表記「ヴ」消える(2019年衆院可決)
 
 
 
 
聴講リスト
ここは、ラジオなどのメディアで、クリスチャンでない人々が、キリスト教をどのように語っているのか、聴講したものを参考までに載せておく場所。ほとんどの場合、彼らは実は何も知らないということが理解される。彼らはただしゃべっているだけで、キリスト教の奥義を極め、それをあまねく世の人々に知らせようというのではない。彼らは信仰という名の蚊帳の外にいる。彼らはそこに、自分が入ろうとしないし、入ろうとする人を妨げている。それこそが、彼らの立ち位置に違いない。
 
ラジオ講座 「新約聖書」とその時代 
(千葉大学教授 加藤隆 NHKラジオ2 歴史再発見) 
ラジオ講座 聖地エルサレムの歴史 
(元杏林大学教授 笈川 博一 NHKラジオ2 歴史再発見)
ラジオ番組 西本智美「バチカン栄誉章」 
(指揮者 西本智美 NHKラジオ1 土曜ホットトーク)
テレビ番組 ニーチェ「ツァラトゥストラ」 
(東京医科大学教授 西研 NHKテレビ100分de名著)
ラジオ番組 孔子とイエス・キリスト 
(明治大学教授 加藤徹 NHKラジオ2  中国古典のスターたち)
ラジオ講座 印刷「グーテンベルク」 
(技術ジャーナリスト 志村幸雄 NHKラジオ2 歴史再発見)
ラジオ講座 描かれた24人の美女
NHK2イタリア語講座(池上 英洋)
ラジオ講座 朗読「神曲」他 
(森田学 Luca Capponcelli NHKラジオ2 まいにちイタリア語)
ラジオ講座 「中世ヨーロッパ社会の光と影 キリスト教の果たした役割」 
(上智大学准教授 藤崎衛 NHKラジオ2 歴史再発見) 
ラジオ講座 「会計と経営をめぐる500年の歴史」
作家で公認会計士 田中靖浩(やすひろ) 2021/2/2(火)
ラジオ講座 古代ローマ成立期の皇帝たち
電気通信大学非常勤講師 倉橋良伸 身内を殺しあう陰惨な連中の話だったので中断。 
ラジオ講座 愛の思想史
哲学者 東京大学 教授 山本芳久(よしひさ)
チラシ頂戴 日蓮宗から見たキリスト教
街頭でチラシをもらった。キリスト教のことが書いてあった。日蓮宗を調べてみた。
 
 
戻る
「総合メニュー」
 
 
 
(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
通称:OCC(オーシーシー) または オリジナル教会
2013/2/27(掲載責任者を記載)、2013/3/1(グーテンベルク)
2014/8/9(vavivuvevo)、2015/3/1(お知らせを追加)

2015/9/28(表題の文化を学術に変更)、2019/8/20(レイアウト変更) 
 
 
 
 
カタカナに「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」を使ったものがありますが、発音は「バ・ビ・ブ・べ・ボ」です。たとえば、ヴァイオリンは「ばいおりん」、ヴィーナスは「びーなす」と発音します。バイオリンはバイオリン、ビーナスはビーナスと表記した方がいいのではないかと思います。日本語では、VとBを区別する必要はなく、同じでいいでしょう。必要なら、元の綴りを併記したらこと足りるのでは。