ローマ・カトリック教会・新聞記事

ローマ・カトリックは、紀元前1300年の「出エジプト」からイエスまでの期間をはるかに超えて、2000年以上存在している唯一のキリスト教会である。何か情報を得たら、ここに書いておこうと思う。
 
カトリック教会とわたし
マリヤさまの肖像画の印象
 
 上智大学とわたし
横の道を通っただけなのに
 
目次
(1)キリスト教の原点に 
新ローマ法王フランシスコ一世のメッセージを載せた新聞記事。
(2)アマルフィの守護聖人 
漁師ペテロの兄弟アンデレの聖遺物がコンスタンティノーブルから移された。 
(3)西本智美 
オーケストラ指揮者、バチカン名誉賞受賞者、NHKラジオ1ゲスト・トーク、キリシタン。
(4)不徹斎 千宗守 
ラジオ関西ゲスト・トーク。ザビエルが来日キリスト教布教の時期に茶道誕生。
(5)カトリックの洗礼  
キリスト教徒は洗礼を受ける。宗派により、さまざまな様式がある


献身式という名前の儀式が映画にあった。カトリック教会のそれを見たことはない。
映画で見た、聞いた「献身式」
(6)レランス修道院 
TV番組「世界水紀行・コートダデュール」より。最寄の港はカンヌ、船で20分。
(7)教皇とイタリヤの歴史 
インターネットに掲示された教皇名一覧にミチオ書の人物名を重ねた。
(8)枢機卿(すうききょう)候補に日本人が
2018年5月25日(金)18時30分、職場から帰ると、えつこが「日本人が枢機卿に選ばれたようよ」と言った。わたしがこの記事を目にしたのはその翌日、賛美音(さんびおん)のコンサートから帰った時だった。
(9)新枢機卿に前田氏就任(新聞記事)
朝、地方紙の片隅に載っているのを見た。前田様、祝着至極に存じます。
(10)中国に月末にも代表団・司教任命権(新聞記事)
(1)中国という国は、古来一人の皇帝をいただいたときに、その治安は安定していた。これはその国のDNAのようなものであるかも知れない。皇帝は精神(信仰)の支配者ではなく「俗」の支配者であるので、その朝廷がいつまでも続くということがなかったのは、その歴史が証明する。
(11)対バチカン 中国・台湾攻防(新聞記事)
法王の決定は、全カトリック信者におよぶ。そしてそれは、「俗界」に属する政治とは関係がないはずなのだ。法王が中国との関係を見直されるなら、それは中国国民のカトリック信者のためであるはずなのだ。だから、それに異を唱えるなら、プロテスタントということになる。
(12)北朝鮮(新聞記事)
バチカンを訪れている韓国大統領の文(ムン)氏が、法王フランチェスコに、北朝鮮の金(きむ)朝鮮労働党委員長の意向を話した。
(13)法王来日へ調整・バチカンと一致(新聞記事)
ヨハネ・パウロ2世が来日されたのは1981年だったと記事に書いてあった。その年のわたしの年齢はというと、ええと「1981−1947」で34歳だった。わたしもいきなり71歳になったわけではない。何事にも順序というものがある。
(14)ローマ法王「広島・長崎へ」「若者の自殺を心配」(新聞記事)
来年の年末にもローマ法王が訪日されると、前田枢機卿へのインタビュー記事。2018/12/18、2018/12/20。
「法王、思い続けた日本」読売新聞記事。2019/3/27。
(15)バチカンで枢機卿叙任式(新聞記事)2019/10/7
この記事を読んで、わたしは自分が上智大学の側を通りかかったのはいつだろうと思った。ちょっと前にわたしは「わたしと上智大学」という記事を書いたが、それは藤崎先生の「中世ヨーロッパ社会キリスト教の光と影」のテキスト化を試みた時だった。その時には、「いつ」ということには言及しなかった。
(16)2019年・教皇が来日された時のわたし2019/11/23
日本でのPapaの呼称は、政府・報道関係共に、法王から教皇に統一された。また敬称は「猊下(げいか)」ということだった。キリスト教会の説明書を作って9年目になるわたしの職業は、分譲マンションの通勤管理員で勤務した期間は11年を更新中。まだ、教会のミサには行っていないので、カトリック教徒13億人の数には入らない。
(17)2020年・前田万葉句集2020/8/19
地方紙の文化欄に「福音を伝える五七五」という記事が載った。「?」。それは「前田万葉句集」の出版特集だった。
(18)2020年・訃報・アルフォンス・デーケン氏2020/9/7
地方紙の訃報欄の記事が目にとまった。上智大学。ドイツ出身。死生観。
(19)2020年・訃報・ジョセフ・チェノットゥ氏2020/9/10
地方紙の訃報欄の記事が目にとまった。駐日教皇大使、大司教。
(20)2020年・フランチェスコ教皇 2020/12/08
同性愛容認否定の内部文書
(21)松浦信行神父・心のともしび・写真「母子の洗礼」 2021/5/27
ラジオ関西:松浦神父「母と娘の洗礼式の写真、満面の笑顔をたたえた小学1年生の女の子が主人公でした」。
(22)仏カトリック性虐待33万人 2021/10/6
聖母子による個々人の狂気のあがないのパワーこそ、この世の闇を吹き払う光である。
(23)「娘さんカタリ・カタリ」ゆるしの秘蹟・堀妙子 ラジオ関西 2021/10/29放送
カタリという名の娘さんに恋をした男の歌。その男が恋に苦しむ心情を神父に打ち明ける。神父さんはやさしく言う、「娘さんをそっとしておやりなさい」。武者小路実篤の「友情」では、失恋は神の与えた試練であり、杯は飲まねばならぬと、ひとりごちる。福音書を読んだのであろう。「さかずき」は長きにわたって誤認された。
(24)カトリック神父とプロテスタント信徒の対比 ラジオ関西 2021/11/12放送
松浦信行神父の原稿が読まれた。「聖マリア」「われらのために祈りたまえ」。続くプロテスタントの放送では、65歳で定年退職した信者の「信仰体験談」があり、さまざまな困難に直面したが、毎朝の聖書と祈りの日々の中で、不思議にもそれらは解消された。神様が見守っていてくださることを実感した。
(25)カトリックの「英仏12世紀」大聖堂
邦題「ダークエイジ・ロマン大聖堂」12世紀のイングランドに大聖堂が建てられる「小説」のTVドラマ化作品8話、ファイルサイズを小さくするため、「ジャックとアリエナの物語」に絞った。また、TV番組「美の巨人」の「シャルトル大聖堂」はジャックとほぼ同時代のもので、「大聖堂」の仕組みがわかる。2022/5/9
 
 
戻る
 
 
「答えとしての聖母子」
2021年、74歳となったわたしは、聖母子とローマ教会との絆(きずな)に行き着いた。すなわち、イエスの十字架には二つの側面のあること。ひとつは「失敗」であり、もうひとつは「成功」である。失敗はイエスがユダ族であり、罪に関わる言動の結果として、十字架の結末に至るものであるが、直前の「苦杯」が十字架の失敗を成功に導く。イエスはアロン家の者であることは「処女受胎」が信じられることにより成る。その証拠と信じられるものはルカによる聖母子の「顔認証」である。個々人の持つ「狂気」のあがないこそは、アロン家の最後を飾るものであり、それは聖母子によって成り、二人の異邦人の信仰とその行動によってローマ教会へと続いたのである。2021/10/6
 
主なる神デウス
わたしはかつて、キリシタンがキリスト教の神のことをゼウスと呼んでいると聞き、違和感を覚えていた。ゼウスはギリシャ神のひとりじゃないかというのがその理由だった。

今、キリシタンの神がゼウスかどうか確認す確認する必要があると思った。そのためには、どうしてもラテン語の聖書を入手する必要があった。入手した聖書によると、ラテン語での神はゼウスではなくデウスだった。ちなみにギリシャ多神のひとり、ゼウスのラテン語名はユピテルである。これが分かっていたらユダヤの神とギリシャ神が混同されることはなかった。

旧約聖書(律法により罪をとがめる神)
「LIBER EXODI」 (WEBER GRYSON BIBLIA SACRA VULGATA Editio quinta)
3-6 et ait ego sum Deus patris tui Deus Abraham Deus Issac Deus Iacob
abscondit Moses faciem suam non enim audebat aspicere contra Deum

「出エジプト」 (口語(こうご)訳聖書 日本聖書協会刊行)
3-6また言われた、「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」。
モーセは神を見ることを恐れたので顔を隠した。
 
 
新約聖書(イエス・キリストにより罪を赦す神)
「SECUNDUM LUCAM」 (WEBER GRYSON BIBLIA SACRA VULGATA Editio quinta)
1-32 hic erit magnus et Filius Altissimi vocabitur et dabit illi Domius Deus sedem David patris eius 1-33 et regnabit in domo Iacob in aeternum et regni eius non erit finis

「ルカによる福音書」 口語(こうご)訳聖書 日本聖書協会刊行)
1-32彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう。そして、主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり、1-33彼はとこしえにヤコブの家を支配し、その支配は限りなく続くでしょう」。
 
 
 
 
 
 
父と子と聖霊の神
ローマ・カトリック教会

(1)日本的には「ささくら宗」、ローマカトリック的には「ささくら修道会」、いつの日かローマ教皇の承認を申請
(2)キリスト教の説明書「笹倉キリスト教会」
(3)説明書作成の権威教会「オリジナル教会」
(ささくら宗)聖母マリヤ福音教会
2015/1/9、2018/5/26、2022/5/9  笹倉正義